【体験談】個人再生で消費者金融の借金300万円を100万円に減額

MENU

【体験談】個人再生で消費者金融の借金300万円を100万円に減額

こんにちは、当サイトの管理人です。

 

今回は、債務整理(民事再生)をした男性の体験談をご紹介します。

 

遊ぶ金欲しさに借金を重ね・・・

私は今年で29歳になる岩手県北上市在住の男性です。現在は、岩手県盛岡市でシステム営業を行っております。

 

私が民事再生をした時のことを少しお話したいと思います。

 

19歳の時に、当時アルバイトをしていた某大手牛丼チェーン店で店長をすることになり、専門学校を中退。20歳で結婚し、23歳の時に第2子が誕生。それと同時進行で不倫をしていたという状況です。

 

当時、お給料の額面は多かった(現在の3倍)のですが、内訳は内50%以上が経費として支払ったものの返金でした。

 

しかし、まだ若かった私は、お金の内訳は知っていましたが、そこに大金があることで金銭感覚がマヒしてしまい、豪遊。不倫相手にいい格好をしたかったというのもあります。

 

最初の内は、何とかやりくりが出来ていたのですが、不倫相手がだんだんとわがままを言うようになり、出費は増えるばかり。だんだんと、お金が足りなくなりましたが、まさか、不倫していてお金が足りないからと親や親戚、友人などにはいえるはずもなく・・・。

 

銀行のカードローンから消費者金融へ

最初は銀行のカードローンからスタート。でも、若い上に今までローンを組んでいた実績もないから、借りれるのは雀の涙ほど。

 

結局、すぐに消費者金融に手を出すことに。さすがの私も、これが膨れ上がったらまずいと思い、これ以上は増えないように、だんだんと減らすようにと調整をしていたのですが、このタイミングで、あの3.11。

 

使わないようにと気を付けていた金銭感覚も、あのゴタゴタで完全にマヒ。一連の騒動が終わり、生活が落ち着いたころには月々の返済は5万を超えており、とても払える状況ではなくなりました。

 

さらに、自業自得ではありますが、罪悪感から耐え切れず、妻に不倫していることを告げ、離婚を申し込みました。家庭裁判所での協議の上、離婚は成立したのですが、養育費の支払いに毎月5万。

 

最終的には借金が300万、月々の支払いが6万にプラス養育費5万となり、当時、年収こそ600万を超えていましたが、実質所得に換算すると、わずか300万足らず。とても、自分では賄いきれる額ではなくなりました。

 

そんな時、救いを差し伸べてくれたのは1枚のチラシでした。

 

弁護士に借金を無料相談すると・・・

当時、こんな状況ですから、公共料金などの支払いも滞り、市役所へ税金を納めに。そこで目にしたのが、弁護士の無料相談会というもの。

 

なんと、そこには、借金でお悩みの方、無料で相談お受けいたします。とのこと。私は、すがる思いで申込み。

 

忘れもしません。申し込んだ翌週の火曜日、担当の弁護士の先生と面談させて頂きました。

 

そこでは、どうしてそうなったのか。本当に払える見込みはなさそうか。どのような方法がありそうか。そんなことを簡単に1時間くらいで話しました。

 

結果として、その弁護士の先生が進めてくれたのが、個人再生という方法でした。

 

とりあえず、行うかどうかを含め、いろいろと準備したりするもの等のご指導など面倒を見てくださるということだったのでそのままその弁護士の先生のお世話になることにしました。

 

個人再生の手続きは・・・

個人再生は弁護士の先生に促されるまま、書類を準備し、手続きを行っていただきました。最初に行ったのは、書類の準備です。

 

必要な書類は主に、「借入している先の金額などの情報」「自分の口座の情報」「普段の生活費の内訳」でした。

 

本来、1ヵ月もあれば準備できるはずの書類ですが、私がだらしがなく「家計簿」を付けていなかったことや仕事の関係でなかなか訪問できなかったなど理由が重なり、、この準備に約1年という歳月をかけてしまいました。

 

今、思うと弁護士の先生には大変なご苦労をおかけしたと反省をするばかりです。

 

書類の提出が終わると、裁判所の審査があるとのことでした。そちらの審査が通ると、晴れて個人再生手続きは完了。

 

個人再生の費用と、その後の借金返済

ただ、個人再生って、0にするわけではなく、借金を圧縮するということなので、支払いは残りました。

 

さらに言えば、弁護士の先生だってもちろんお仕事なのでお金をとります。

 

こちらの支払方法ですが、弁護士協会みたいなところに支払うことになりました。

 

いきさつはよく理解していませんが、おそらく、先にその協会から弁護士の先生にお金を払ってもらい、私が協会に支払うという、ローンのような仕組みだったのではと思っています。ちなみにこちらが約45万円。

 

結果としてですが、審査完了後の支払いが月々3万+養育費5万+協会に1.5万で計9.5万が約3年続きました。

 

お気づきかもしれませんが、最終的に支払っている月々の額はそう変わりはありません。

 

しかし、代償として、ローンで買った車やパソコンなどを全て、没収され、ローンなどは5年契約することが不可能になりました。

 

資産状況としては悪くなったとしか言いようがないような気もします。

 

ただ、本来300万だった借金を100万まで圧縮して頂き、3年を過ぎた現在では、生活を立て直すことが出来ました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の体験談は以上になります。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧