【体験談】大学生時代にマルチ商法で作った借金200万円を任意整理

MENU

【体験談】大学生時代にマルチ商法で作った借金200万円を任意整理した経験

こんにちは、当サイトの管理人です。

 

今回は、借金を任意整理した男性の体験談をご紹介します。

 

順調だった学生生活が・・・

これは15年前の私の体験談です。当時私は大学3年生の後半、就職活動の時期の21歳でした。

 

大学での友人も多く、石を投げれば友達に当たる様な感じでした。友人とのパチンコ・パチスロや飲み会費用で月あたりの支出は十数万円ほどありましたが、単位は殆ど取得済みで、深夜のバイトをしていた事やパチンコは月あたり3万円〜10万円勝っていた為、月々の収入が上回っていたので何とかやっていけました。

 

それがおかしくなったのは、4年生のいよいよ会社説明会や面接が始まる時期です。ある人に説明会に一緒行かない?と誘われたのです。

 

その人は、大学の別の学部のサークル交流で仲良くなった同級生で、子供好きの将来は保母さんになる為の学部に通っている可愛らしい家庭的な女の子でした。正直言いまして、僕は彼女の事が好きでした。彼女とも2年位前からの友人で、たまに遊ぶ事もあるなど決して関係が浅かった訳ではありません。

 

誘われた説明会に行ってみると・・・

その彼女から誘われた説明会は何の説明会かというと、有名なマルチ商法の会社の説明会でした。

 

後から知ったのですが、彼女は保母さんになる為の研修で知り合った中年女性から進められて入会し、そこで私を誘った様でした。

 

マルチ商法の仕組みを理解している人ならわかると思いますが、このマルチは鍋や洗剤を売るタイプで、1つ売れば打った人にバックマージンが少し入るといった類のものです。

 

ただ、実態はそんな平和な物でなく販売会員を勧誘する、会員を1人増やせば50万円の入会費が入り、その半分が子から親に分配される事により成り立っている仕組みです。会員を騙してでも入会させなければ、親会員は儲けになりません。

 

私は惚れた者の弱味といいますか、この説明会で信販契約で50万円の商品を買い、会員になってしまいました。彼女を応援したい気持ちがあったんですね。

 

上手く売れなくて、より高価な物を仕入れたらというアドバイスで信販契約の総額は200万円迄膨らみました。

 

マルチ商法の借金問題を解決するために・・・

その時にはちょこちょこバイトをしているのに食べるのも困る位追い詰められていました。私はマルチ商法は友人に会員を勧められるものではないと思っていたので、商品を売るだけに徹してたのですが、当たり前ですが鍋や洗剤など大学生に売れる訳ありません。

 

困窮した所で親に相談する等の手段を普通の人はとると思うのですが、私の場合は追い詰められると逆に頭が冴えるといいますか、借金の総額と返済の金額の計算をしてみる、借金の法律や金利などを調べ、マルチの売上などドンブリでやっていたものを全て計算し直しました。

 

結果、マルチはスッパリ辞めて、全ての仕入れ商品をリサイクルショップに二束三文で売払い、借入金額と金利が大きいので弁護士の所に相談に行く事にしました。

 

弁護士に相談すると・・・

当時の残金額が200万円、金利29.2パーセント、6年返済の契約でしたが、弁護士も大学生に此処まで貸すのは違法ではないとはいえ信販会社に道義的責任があると熱心に相談に乗って頂けました。

 

私が通う大学は金持ち坊ちゃんが通う大学(私は普通の家庭)なので、親が払うだろうと見込んで金を貸していると教えられ、マルチ会社も信販会社も全部グルなんだと社会の汚さに辟易したものです。

 

弁護士から『自己破産』が出来るかギリギリのところだが、『任意整理』という道もある。自己破産は支払わないので楽だが就職活動を控え君の将来を傷付ける。

 

官報にも載るし、就職先が気付かないとは言えない。任意整理は借りた金はキチンと返すのが原則だ。大学生には非常に大きい金額だ。だが君に返す意思があるなら、この馬鹿な金利は私が何とかしよう。1番楽なのは親に言い、払ってもらう事だ。どれがいい?と言われたところ、私は迷わず『任意整理』をお願いしました。

 

任意整理で借金は減る?

当時金利に疎かった私ですが、29.2パーセントの金利で6年間を200万円を返すには、総額425万円、月5万9千円払わないといけません。

 

その時の私は詐欺の片棒を担いでいる信販会社に倍以上の金利を払いたくなかったのです。それは親に頼っても同じ事です、かといって自己破産は負けた気がして嫌でした。

 

結果、弁護士さんが熱心に『任意整理の交渉をしてくれた事、向こうもグレーゾーン金利や支払い能力の無い大学生に過度な借金を負わせた行為から、金利を5.2パーセントに引き直し、新たに6年返済をする事になりました。(支払い総額は6年で233万円、月の支払いは3万2千円です。)

 

任意整理後について・・・

その時の私はとにかく早くこの信販会社に金を返したい一心で、遊びの話は全て断り、昼も夜もバイトして、就職活動して、空いた時間はパチプロの真似事をしてとにかくお金を貯めました。

 

こういう時は不思議なもので、休む暇なく働いていると頭も冴え、更に絶対就職せねばというプレッシャーもあるので就職戦線は他の学生に負ける気はしませんでした。バイトを多くしてるのも社会経験でプラスに取られたようです。

 

早々に就職を決め(弁護士の先生から信販系は信用調査会社に乗るから受けてもムダだよ、とのアドバイスも役に立ちました。)益々借金の返済に身が入ります。

 

結果としては、学生の内の8ヶ月間で120万円を貯め、繰上げ返済を行い、社会人になってから最初のボーナスで全ての金額を返し終えました。実質は16ヶ月間で支払い総額は208万円だったと思います。

 

社会人の勉強料としては高価過ぎるたかと思いますが、そのお陰で就職に対する甘えが消え、絶対に良いところに就職するという気持ちが出たので結果オーライかもしれません。

 

彼女に対しては最初から最後まで何の恨みはありません。私が馬鹿なだけでしたし、彼女は彼女で研修の先輩からの誘いは断れなかったと思います。

 

悲しいのは、彼女とはその後音信不通になってしまい、何処で何をしているのかわからない事です。私のようにしたたかに生きてくれている事を願うばかりです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の体験談は以上になります。

 

当サイトでは、借金対策を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

地域別の借金対策の弁護士・司法書士一覧