MENU

債務整理で借金返済が楽になる?

 

気が付いたら大きな借金を抱えてしまった人にとって債務整理は重要な手続きになります。

 

ここでは、借金を返済するための債務整理について分かりやすく解説して行きます。

 

まず、債務整理には4つの方法があります。

  1. 任意整理⇒弁護士や司法書士による債権者との調停
  2. 特定調停⇒裁判所による債権者との調停
  3. 民事再生⇒民事再生法によって借金総額を抑える方法
  4. 自己破産⇒すべての借金をゼロにして再出発を図る方法

それぞれの詳しい内容は、今の時点では理解する必要はありません。
というのも、どの方法が最適な方法なのかは、専門知識が必要になるため、自分で判断するよりも弁護士や司法書士の先生に相談してしまった方が早いからです。

 

ちなみに、弁護士や司法書士の先生に相談というとお金がかかりそうなイメージがありますが、債務整理の相談は無料というところも多いので利用しない手はありません。

 

相談の方法も、直接会っての面談だけではありません。電話相談やメール相談などもありますので、自分に合った方法を選ぶことことができます。

債務整理のメリットとデメリット

債務整理にはメリットとデメリットがあります。

 

まず、メリットですが、借金を返済するまでの道のりをきちんと整理できることです。債務整理の方法によって異なるのですが、借金の総額が減ったり、返済回数が増えて1回あたりの返済額が減ったり、借金返済が有利になりますので、返済への道のりが大変楽になるのもメリットです。

 

また、メリットとして挙げられるものとして、借金の取り立てが停止するということも挙げられます。弁護士や司法書士に正式に債務整理を依頼すると、交渉権が弁護士や司法書士に移動するため、あなた自身への取り立てがストップするのです。妻や夫、親、子供などの家族や、勤め先の会社に内緒にしておきたい人にとっては大きなメリットになるでしょう。

 

次にデメリットですが、信用情報(通称ブラックリスト)に掲載されてしまい、一定期間は新しいローンが組めなくなるというコトがあります。どの程度の期間になるかは内容によっても違うのですが5〜10年程度が一般的な長さです。ローンの審査は信用情報だけではありませんので、そのときの収入や職業などによっても違ってきます。

 

デメリットを見てしまうと、債務整理をする気が無くなってしまったり、勇気が無くなってしまうこともあると思いますが、大きな借金を抱えてしまった人にとって、債務整理によって生活を立て直し、再出発が出来るメリットの方が大きいといえます。

 

繰り返しになってしまいますが、弁護士や司法書士の多くは無料で相談に乗ってくれるところもありますので、早めに一度相談してみるのが良いでしょう。

 

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?