MENU

債務整理とクレジットカード

 

債務整理をしたい人にとって悩ましいのは、債務整理後の生活においてクレジットカードやローンが組めないという事実です。

 

実際には、永遠にクレジットカードが作れないというワケでは無いのですが、一定期間クレジットカードが作れないのは大きなマイナスです。

 

とくに、最近はネット通販する際にはクレジットカードが必要な場合も多いですから、悩んでしまいますよね。

 

債務整理による不利益についてここでは解説して行きたいと思います。

クレジットカードは作れないのか?

債務整理をしたからと言ってもクレジットカードが作れなくなるわけでは無く、一定期間が経過すればまた作ることが出来るようになります。

 

具体的な期間としては、

  • 自己破産⇒10年
  • 自己破産以外⇒5年
となっています。

 

上記の期間というのは、信用情報(通称ブラックリスト)に自己情報が掲載される期間を表しているので、上記の期間が経過すれば必ずクレジットカードが作れるというワケではありません。

 

どういうことかと言いますと、クレジットカードやローンの審査は、過去のローンの借り入れや返済状況を記載した信用情報の他にも、その人の収入などを考慮して審査されるので、収入が高ければ5年より前に審査が通ることもありますし、逆に収入が低ければ5年経過しても審査が通らないことになります。

クレジットカードが作れないとはどういうことか?

債務整理後にクレジットカードが作れないと言うことは、単純に新しいカードが作れなと言う意味ではありません。クレジットカードが使えなくなると言う意味です。

 

つまり、いつも現金で支払う必要が出てくると言うことです。

 

ネット通販なども代引きですし、クルマをお持ちの方でETCを使いたいと言う方もカードの契約が出来ませんので実質使うことが出来ません。

 

ただし、銀行口座を使ったデビットカードなどであれば、口座に現金が無いと使えないと言うデメリットはあるものの、ネットショッピングなどでも使えるのでおすすめです。

 

【参考】債務整理してもVISAデビットカードは使える?

 

債務整理を行うとクレジットカードが1つのデメリットになると思いますが、それでも借金地獄から抜け出せるというメリットは大きいです。

 

まずは、弁護士や司法書士の先生に相談をして状況を冷静に判断できる状態にしてから、債務整理を行うかを決めることが重要です。

相談だけなら無料のところも。

弁護士や司法書士というと相談料などが高いイメージがありますが、債務整理については無料で相談できる法律事務所も多いです。

 

相談は面談だけでは無く、電話相談やメール相談など忙しい人でも利用しやすくなっています。

 

当サイトでは、任意整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?