債務整理で嘘をつくとどうなる?弁護士や司法書士・裁判所の対応は?

MENU

債務整理で嘘をつくとどうなる?

多重債務を抱えて債務整理をする時には、弁護士や司法書士に依頼することとなります。

 

しかし、借金というデリケートな問題から、真実を話しにくいと感じる人も少なくありません。

 

「こんなことは恥ずかしくて言えない」、「こんなことを言ったら叱られるのでは?」などと思ってしまい、うっかり嘘をついてしまうということがありがちです。

 

しかし、債務整理を成功させるためには、正確な情報を伝えることが重要なのです。

 

うっかり嘘をついてしまったために、結果的に自分の首を絞めてしまうということになりかねません。

 

今回は、債務整理で嘘をつくとどうなるか?という疑問について解説していきます。

 

債務整理に必要な信頼関係

債務整理をすると一言でいっても、全ては法律にのっとり、その手続きは複雑です。

 

ミスのないよう一つ一つステップを履んでいかなければなりません。そのため、一般の人がその手続きを行うことは容易ではないでしょう。

 

このことから、一生に一度あるかないかの債務整理を成功させるためには、専門家である弁護士、もしくは司法書士に依頼することが最良の方法です。

 

切羽詰まった状況からの脱出のために、二人三脚でこの苦境を乗り越えていくことになります。

 

さて、一般の人にとって普段は弁護士や司法書士と接する機会はほとんどなく、さらに弁護士先生というイメージもいまだに強いことから、緊張してしまう人も多いのではないでしょうか?

 

借金を返せない等といえば、怒られてしまうのではと不安に思う人もいるかもしれません。

 

しかし、ほとんどの弁護士や司法書士は物腰も柔らかく依頼者に寄り添ってくれる存在で、じっくりと話を聞いてくれる依頼者の味方なのです。

 

依頼者の債務整理を成功させるために尽くしてくれるわけですが、最初は弁護士や司法書士も依頼者のことを全く知りません。

 

しかし、依頼者のことを知らなければ助けることはできませんから、たくさんの質問をすることになります。

 

ここで、弁護士や司法書士と依頼人の間に強い信頼関係が必要となってきます。

 

債務整理を成功させるために、依頼者は弁護士や司法書士に、包み隠さず全てを伝えなければいけません。

 

正しい情報が債務整理を正しい方向へ導いてくれるのです。

 

間違った情報を提供すれば、債務整理も間違った方向へ向かってしまう可能性があります。

 

弁護士や司法書士が聞いてくる質問は、全て債務整理を行う上で必要な情報です。

 

弁護士や司法書士に相談した内容は守秘義務によって守られていて、他人にばれる心配はありませんから、安心して話すようにしましょう。

 

どんなことを聞かれるのか?

法律事務所によっては、初回相談が無料であったり、役所などでも無料の法律相談を受け付けている場合があります。

 

これが債務整理の第一のステップとなります。

 

ここで、借金の大まかな状況について質問されることになります。

 

  • 抱えている借金の総額
  • 借金の理由
  • どのくらいの間借り入れているか?
  • どこで借り入れているか?
  • 現在の収入
  • 家や車など財産の有無
  • 家族構成

 

収入や借金の額については、源泉徴収票や、借入の取引明細などがあるとわかりやすいです。

 

しかし、たくさんの借入先があり、借入期間も長すぎて覚えていない、取引明細書も保管していないということもあるでしょう。

 

そのようなときはわかる範囲で構いません。

 

無料相談は時間が決められていることも多いので、これらの質問に対してスラスラとわかりやすく答えることができるよう、あらかじめまとめておくとよいでしょう。

 

嘘は絶対にダメ

さて、このような借金に関する悩みは、友人にも家族にも恥ずかしくて言えない人がほとんどです。

 

切羽詰まった状態になるまで、隠しに隠し通してきたことでしょう。

 

思い切って法律相談のドアを開いてみたものの、弁護士や司法書士に対しても話しにくいと感じてしまうことがあります。

 

「借金しているだけでも恥ずかしいのに、こんなに低い収入なんていえない」
「こんなことを言ったら叱られてしまうのではないか?」
「これは知られては都合が悪いかも」

 

などと気をまわし、ついうっかり嘘をついてしまったという依頼者もいます。

 

しかし、?をついてしまうとその後の債務整理の手続きを大幅に遅らせてしまったり、誤った方向へ進んでしまうことにもなりかねません。

 

もう一度最初からやり直しや、最悪ケース、債権者と和解できなかったり裁判所手続きがうまくいかず不成功に終わる可能性も大いにあります。

 

弁護士と依頼者の間には、強い信頼関係が必要です。しかし嘘をついたことにより弁護士をだますことにもなってしまいますし、その嘘がそのまま裁判所や債権者に報告され、弁護士や司法書士の信用を傷つけることにもなりかねません。

 

このようなことになると、弁護士や司法書士としては依頼者を信用することができずに、辞任を申し出ることもあり得ます。

 

それでは何のために勇気を出して相談したのかわからなくなってしまいますので、どんなに言いにくいようなことでも、正直に事実のみを伝えなければならないのです。

 

弁護士や司法書士による質問は、全て債務整理を成功させるためのもの、しいてはすべて自分のためになることなのです。

 

全てを正確に

上記でもふれましたが、弁護士や司法書士との相談の中で、借金の理由は?年収は?など、詳しく聞かれることがあります。

 

依頼者の中には、こんなに年収が低いなんて恥ずかしくて言えないと、サバをよんで伝えてしまったという人もいます。

 

しかし、そのために債務整理後の返済額が自分が返済できる額よりも多くなってしまい、結果的に返済不能となってしまうことになりかねません。

 

反対に、収入を低く伝えてしまうと、債権者や裁判所に財産の隠匿と取られてしまう可能性もあります。

 

借金の理由も包み隠さず

借金の理由は最も話にくいことの一つではないでしょうか?

 

例えば、ギャンブルだったり異性関係だったりすると、なかなか正直に話すことができないことがあるでしょう。

 

しかし、一度嘘をついてしまうと、その嘘を隠すためにさらに嘘を重ねてしまうことにもなるので、一時の恥ずかしさと思い、勇気を出して正直に話すべきです。

 

まとめ

今回は、債務整理で嘘をつくとどうなるかという疑問について、解説してきました。

 

債務整理を行う上で、弁護士や司法書士との信頼関係は重要です。

 

弁護士や司法書士は依頼者の味方であり、悩んで人生のどん底にいる時でもしっかり寄り添ってくれる存在です。

 

借金をしたなどと言えば叱られてしまうのでは?というイメージだけにとらわれず、心を開いてすべてを話す勇気を持ちましょう。

 

嘘をついたことにより、債務整理の手続きが間違った方向へ行ったり、裁判所の手続きがうまくいかず失敗に終わったり、弁護士や司法書士が辞任してしまうということもあり得ます。

 

このように、依頼者にとって嘘をついて良いことはありませんので、どんなに話しにくいことでも、勇気を出して真実のみを伝えることが大切です。

 

 

なお、どの債務整理方法が自分に合っているかは、債務整理の専門家である弁護士や司法書士の無料相談を利用するのが便利です。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?