MENU

法テラスとは何か?

 

このページでは法テラスで債務整理を依頼するメリットやデメリットについて分かりやすく説明をしていきます。

 

まず、法テラスとは、日本司法支援センターのことで、法テラスというのは日本司法支援センターの愛称です。

 

法テラス(日本司法支援センター)は、民事・刑事を問わず、全国における紛争の解決に必要な情報やサービスの提供を行い、明るい社会の実現を目標として、平成18年に国が設立した公的な法人です。

 

国が設立した機関ですので、安心して相談ができると思います。

 

ちなみに、この法テラスでも債務整理に関する相談や法律事務所を紹介してもらうことが出来ます。

法テラスのメリットとデメリット

メリットとデメリットがありますのでそれぞれを見ていきます。

 

無料で相談できて法律事務所も紹介してくれるのであればメリットしかないと思われがちですが、現代の社会情勢と人員の関係を考えるとメリットばかりでもない事をご理解いただけると思います。

 

法テラスは民事、刑事を問わず相談を受けますので、債務整理だけではなく、離婚や慰謝料、損害賠償等の相談も当然受けています。

 

とくにこれらの相談数は増えているため、一つ一つの相談に時間をかけることも難しく、さらにこのような過酷な現場に志願する弁護士も少なく人員不足の状態です。

 

そのため、相談日までの期限が長かったり、相談者が聞きたいことをじっくり聞くことが出来ないという現状があります。

 

今すぐにでも相談したいと考えて申し込んだが相談日までかなり日数があることがわかりまた今度にと先延ばしする方も多いでしょう。

 

このように、物理的には解決しにくいデメリットがあります。

法律事務所との違い

それでは、民間の法律事務所と比べてメリットはないのでしょうか?

 

ここでは一つに絞って紹介します。

 

それは、弁護士費用の立替制度です。

 

その名の通り法テラスが弁護士に支払う必要のある費用を立て替えて、後払いを分割で行うものです。

 

ただし、これには要件があります。

 

それは、次のように法テラスのホームページに記載されています。
法テラスの無料相談を受けた結果援助が必要と認められた場合に次の要件が確認されます。

 

・資力基準を満たしていること
・勝訴の見込みがないとはいえないこと
・民事法律扶助の趣旨に適すること

 

この要件が満たされ、様々な書類を提出することにより立替制度が利用できます。

 

この制度自体は大変メリットのある物ですので、時間と根気のある方は試してみる価値はあると思います。

 

当然ですが、しっかりした収入のある方がお金を使わず債務整理をしたいから試そうとしても、給与明細や源泉徴収などの収入を証明する書類が必要ですので最終的には審査は下りませんのでご注意ください。

 

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?