どのような弁護士事務所に債務整理を頼むべきか?

MENU

どのような弁護士事務所に債務整理を頼むべきか?

 

ここ数年で弁護士のイメージは大きく変化しました。

 

広告が解禁されたということも要因の一つですが、以前と異なりサービス業としての面を強く打ち出していると思います。

 

一昔前の弁護士事務所といえば、相談だけでも費用がかかり、さらに厳しい先生が細かい点についてお説教をして、着手金を30万、50万払うと動いてくれるという感じでした。

 

簡単に言えば、頼みにくいにし費用も高額でした。

 

特に、債務整理などはその中でも頼みにくい案件だったでしょう。
しかし、今はどうでしょう?

 

広告では笑顔の女性弁護士、爽やかな男性弁護士が気軽にご相談してくださいと提案してくれます。

 

それも相談無料は当たり前です。さらに、地方への出張無料相談会まで開いてくれています。

 

こうなるととても頼みやすいので、とりあえずどこかに頼もうかとなります。

債務整理に強い弁護士事務所の選び方

確かに、弁護士事務所が身近に利用できるようになる事はとても良いことですが、債務整理の場合は確かめる点をちゃんとしておかないと後で後悔することになります。

 

ハッキリといえば、サービスがいいという点と実務能力は比例する関係ではないと言う事です。

 

各相談者が自分自身で依頼先の弁護士事務所を決めるわけですから、何らかの判断材料を持たなければならないでしょう。

 

その時の方法を一つお伝えします。

 

やり方はシンプルです。

 

まず、自身の債務についての現状を紙に書いて間違いないか確認します。ここは守ってください。

 

頭の中で思い出すと借入先を一社だけ忘れてしまったり、借入総額や月々の支払額を間違ってしまったりしてしまうものです。

 

次に、興味を持った弁護士事務所に紙に書いた現状を伝え、予想される結果を聞きます。

 

それを数カ所の事務所で繰り返します。最低でも3ヶ所は問い合わせして欲しいです。

 

そして、例えば、A~Cの事務所に過払い請求について相談したとします。

 

Aという事務所では20万位は戻る、Bという事務所では50万位、Cの事務所では30万位戻ると言われた事にします。

 

その後Aに電話してある事務所は50万と言ってそちらとは大きく異なるので理由を聞きます。

 

次にBにはある事務所は20万と言ってそちらとは大きく異なるので理由を聞きます。

 

この問いにわかりやすく現実的な回答をした事務所の信憑性が高いということで依頼先の最有力候補として検討する。

 

面倒くさいと思われるかもしれませんが、サービスと実務能力は比例しません。

 

ですので、オペレーターの方がやさしいからと、すぐに依頼先を決めるのではなく、実務能力、実績を確認することはご自身の債務が少しでも良い方向に向かう方法と思いますので、是非ともやってみてください。

 

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧はこちら

 

関連ページ

債務整理とは?5種類ある債務整理の方法を全て解説!
債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件の地域別一覧
債務整理をするには?やり方の手順・流れを解説!
債務整理と借金のブラックリストの関係を詳しく解説!
債務整理のメリットは?
債務整理のデメリットは?できなくなることやペナルティは?
債務整理は家族や会社にバレる?内緒で秘密にできる?
債務整理の家族への影響は?妻や夫、子供にもデメリットがある?
債務整理の時に保証人に与える影響は?
債務整理での弁護士と司法書士の違いは?
債務整理してもマンションやアパートは借りられる?賃貸契約や更新の審査は?
住宅ローン返済中に債務整理すると持ち家や住宅ローンはどうなる?
債務整理すると返済中のマイカーローンや車はどうなる?
債務整理後に携帯電話やスマホの契約はどうなる?
債務整理は学生でもできる?学生ローン等の返済が苦しい時は?
借金の債務整理は無職でもできるかを詳しく解説!
借金の債務整理はフリーターでもできる?
パチンコなどギャンブルの借金は債務整理できる?
株取引やFXの借金は債務整理できる?
債務整理すると滞納していた税金や公共料金はどうなる?
債務整理すると離婚の慰謝料や子供の養育費はどうなる?
債務整理すると交通事故の損害賠償金や慰謝料はどうなる?