【体験談】カードや消費者金融で作った300万円の借金で自己破産

MENU

【体験談】カードや消費者金融で作った300万円の借金で自己破産

こんにちは、当サイトの管理人です。

 

今回は、自己破産をした男性の体験談をご紹介します。

 

浪費で作った300万円の借金

私は5年前に自己破産しました。自己破産にいったのは浪費が原因です。

 

当時介護の施設で働いていて手取り約11万円くらいでした。

 

そんな中、買い物をカードで続け、またお金に困った時には消費者金融からお金を借りていました。

 

給与の範囲では返済できなくなり、お金を借りては返すを繰り返してました。

 

その結果、1年で約300万円以上の借金を作りどうしようもなくり、弁護士に自己破産手続きをしてもらいました。親にもすごく怒られました。

 

自己破産の手続き・・・

自己破産するにはいろいろな書類を提出しなければなりません。弁護士から連絡があれば行くを繰り返していました。

 

通帳の写しや何にどれだけお金を使ったかなど細かく書いて提出しました。

 

当時お父さんが脳腫瘍で手術をする事になり家計も火の車でした。私が原因でこんな事になりました。手術は無事終わったのですが、左足に麻痺がでて車椅子の生活になりました。

 

父には本当に申し訳ないと思ってます。

 

自己破産の裁判結果は・・・

自己破産手続きから半年目くらいに一度裁判がありました。結果は自己破産できませんでした。

 

後継人を付けなければいけないと言われました。弁護士以外に後継人に支払う金額が20万円でした。

 

何とかお金を貯め後継人の方に支払いをし、お金の管理をしてもらいました。

 

郵便物は全て後継人のとこへいき、後継人から私へ連絡がきて取りに行くという感じです。

 

2度目の裁判で自己破産が認められ・・・

後継人がついて約半年で2度目の裁判がおこなわれました。結果自己破産成立です。

 

ブラックリストにも載り、一切お金の借入ができなくなり、カードも使えなくなりました。現金のみの生活がはじまりました。

 

とにかく欲しい物があっても買わないを心に誓い、無駄遣いをしないようにしています。自己破産の代償は大きいです。

 

親にもすごく怒られましたが、何とか家に居る事ができました。勘当同然でした。仕事も転々としてました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の体験談は以上になります。

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

地域別の弁護士・司法書士一覧