MENU

多重債務について解説!

多重債務について解説した記事の一覧ページです。多重債務者の借金問題解決法や多重債務の原因などを解説しています。

多重債務についての記事一覧

多重債務とは、複数の金融機関から借金をしている状態をいいます。つまり、2社以上から借りていれば多重債務ということになります。多重債務が怖いのは、借金の返済をするために、別の金融機関で借金をする行為を繰り返すことで自転車操業になってしまうことです。この状態になってしまうと債務(借金)が雪だるま式に膨れ上がってしまい、債務整理を行わなければ、生活の再建をすることが難しくなってしまいます。多重債務が増え...

複数の借金を抱えてしまった多重債務者にとって、借金返済のめどを立てなければ、生活を再建することができません。そのため、債務を整理するかが重要なポイントになります。そして、利率の安い金融機関に一本化するために借り換えを行う人も少なくありません。しかし、多重債務者にとってみれば、「そんなことで解決できるなら、はじめから多重債務なんかになっていない」ワケで、借金返済のめどを立てることは非常に難しいと言わ...

多重債務者とは、消費者金融からクレジット会社など、複数の貸金業者から借金をして、その返済が滞り困窮している人の事です。貸金業者5社以上から借金している多重債務者は全国に139万人もいるようです。(全国信用情報センター連合会の発表による)このうち、自己破産を申し立てる人は約17万人、民事再生や任意整理で生活の再建を目指そうとする人は、どういう訳か、ほんの一握りの人です。依然として全国で500万人以上...

借金の返済をするために、他の金融業者から又借金をして、その行為を繰り返している多重債務者。多くの債務者が何ら対策する方法も分からず、苦しんでいます。多重債務者に陥ると、個人の知恵や努力だけでは、どうにもならなくなり、解決がどんどん厳しくなります。そうなったら、または、そうなる前に、信用できる機関へ相談することが大変重要です。思い切って相談窓口に出かけましょう。相談窓口は全国にたくさんあります。全国...

すこし前の話になってしまいますが、小口金融市場における返済困難者の救済ということについて自民党選挙公約は次のように言っています。「2006年12月の改正貸金業法の成立、2010年6月の同法の完全施行という一連の流れの中で、市場の収縮、マクロ経済への悪影響、新種のヤミ金の暗躍、返済困難者の放置といった様々な影響が顕在化しています。そのため上限金利規制、総量規制といった小口金融市場に対する過剰な規制を...

基本的に借金問題は必ず解決できる問題です。多重債務にしても、整理し解決の方法があります。切羽詰った時に冷静に現状を認識して、情報を集め、的確に行動できるかどうかが問われます。多重債務に陥り、生活が困窮するにいたった人を助ける応援部隊は、意外と身近なところにあります。弁護士でも、消費者センターでも、司法書士でも良いです。1人で悩まずに、思い切って駆け込みましょう。しかし、多重債務に陥り、生活が困窮し...

現在国内には消費者金融やキャッシングを使用している人は約1400万人程度いると言われています。そのうち、200万人以上が多重債務者であり今なお大きな社会問題となっています。カード1枚でお金が簡単に借り入れることができるようになった利便性が今日の事態を招いているのでしょう。債務(借金)問題、特に多重債務を早期に解決するには、とにかく、国や県の消費者センターや弁護士、司法書士などになるべく早く相談をか...

複数の金融業者に借金のある多重債務者は業者への返済と借り入れを連続的連鎖的に繰り返しています。まさに自転車操業状態に陥っています。その解決策の1つとして、抱え込んでいる債務全てを1つの業者だけに絞り込んで、借り入れの1本化を行う方法があります。借入れの一本化とは複数の金融業者からの借金をまとめて一つの業者への債務にして借金返済をスムースにする、という債務整理法です。

多重債務は、すばやく返済のめどを立てることが必要です。一人で悩むよりも、一刻も早く弁護士や司法書士に相談すべきです。と言うのも、弁護士や司法書士に相談すると、借金返済のめどを立ててもらえたり、借金の取り立てをストップしてもらえたりするからです。このページでは多重債務に陥り、苦悩して、やがて借金を完済した人の例をいくつか紹介して行きます。ぜひ、多重債務の返済するための参考にしていただければと思います...