MENU

多重債務の一本化について

 

複数の金融業者に借金のある多重債務者は業者への返済と借り入れを連続的連鎖的に繰り返しています。まさに自転車操業状態に陥っています。

 

その解決策の1つとして、抱え込んでいる債務全てを1つの業者だけに絞り込んで、借り入れの1本化を行う方法があります。

 

借入れの一本化とは複数の金融業者からの借金をまとめて一つの業者への債務にして借金返済をスムースにする、という債務整理法です。

多重債務を一本化するメリット

借入れの一本化を行うメリットは、

 

・業者ごとに違う金利を一本化できる。
・一月ごとの返済額を圧縮できる。
・ブラックリストを回避できる。

 

などです。

 

借入先や借入金、返済方法などによって借金にかかる金利は法定金利の範囲の中で異なっているでしょう。

 

例えばA社は16%、B社は12%、C社は18%、D社は10%という風に異なっている場合は一番低いD社に一本化するのが普通です。

 

そして、返済する金融業者の数を減らすことにより相対的に返済額は減少します。

 

例えば4社の業者から借入れして一箇所あたり月2万円の返済を要求されているのと、一つの業者に月5万円の返済を要求される場合と、どちらが有利化と言えば、明らかに月5万円の方が有利でしょう。

 

つまり、借入れを一本化することは毎月の返済額を大幅に減らすのに効果的です。

 

もう一つはブラックリストに載らないで済むことです。

 

債務整理、即ブラックリストというように即断してしまう人が多いですが、借入れの一本化は一本化先として選んだ金融業者で、他の金融業者へは全額返済を行いますから、別に債務不履行をするわけでなく、他の金融業者にとっては債務放棄を行わなくても済むのです。

多重債務を一本化するデメリット

デメリットもあります。

 

1つは借入れ制限枠を超えてしまうと完全一本化できません。

 

総量規制によって、年収の三分の一までしか借金できないことになっていますが、多重債務状態で一本化すると借入れ総額が制限額を超える場合があり、そうすると1本化した借金と、されてない借金ができてしまいスムースに返済できない事態が発生します。

 

2つ目は借金の返済に長い時間がかかるということです。

 

業者を一本化して金利も安くなったが、元金が減額されているわけではないので返済額の設定も考えておかないと、返済に時間がかかり、かえって利息で返済額が膨らむ可能性があります。

 

3つ目は再度多重債務に陥る可能性がある、ということです。

 

借入れの一本化によって、今まで借りていた金融業者に対する債務がなくなり再度の借入れが可能となります。

 

何のための一本化か分からなくなるのですが、不用意にまた別に借金を作ってしまう人も多いのです。

 

多重債務を一本化することに不安があるかたは、一度、弁護士や司法書士に相談してみてはいかがでしょうか?

 

最近は、相談料無料のところが多いですし、相談と言っても対面だけでなく、メール相談や電話相談など方法もたくさんあります。

 

一人で悩むよりも相談してみることをおすすめします。

 

 

なお、当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧