MENU

多重債務の返済について

 

多重債務は、すばやく返済のめどを立てることが必要です。

 

一人で悩むよりも、一刻も早く弁護士や司法書士に相談すべきです。と言うのも、弁護士や司法書士に相談すると、借金返済のめどを立ててもらえたり、借金の取り立てをストップしてもらえたりするからです。

 

このページでは多重債務に陥り、苦悩して、やがて借金を完済した人の例をいくつか紹介して行きます。

 

ぜひ、多重債務の返済するための参考にしていただければと思います。

多重債務を返済した事例

A君は高卒で社会人1年生、手取りはまあまあ普通で月16万円。
1人暮らしを初めて、家賃、光熱費や生活に必要な費用を差し引いて10万円くらいは自由に使えるお金がありました。

 

普通は少しは貯金をするのですが、何か束縛から解放されたような気分になり、毎夜、遊びまくっていました。

 

当然給料日前には金欠状態、女の子から飲み会に誘われても、断れなかったA君。

 

ここから借金地獄のスタートとなります。

 

社会勉強のつもりで、気楽に某消費者金融の無人契約機で生まれて初めて借金をしたのです。

 

給料日になったらすぐに返せばいいだろうと、安易な気持で3万円借りました。

 

一旦は約束通り翌月きっちり給料をもらってから返しました。

 

そこから警戒心が緩んできました。

 

遊ぶ費用が給料の範囲を超えても、借りればなんとかなる、という体験をしてしまったのです。

 

次第に借金の額が大きくなり、お金がなくなっても遊ぶことを減らせなくなっていました。

 

返済は利子分を支払うだけでよかったことから元本は益々増加していきます。

 

とうとう半年後には限度額の20万円にもなりました。

 

本人は気がつかないでいましたが、確実に金銭感覚が麻痺していったのです。

 

ここで気がついていれば、返せない借金でもないので、地獄を見ることはなかったのですが、遊ぶ方を優先してしまいました。

 

ついに生活費まで圧迫するようになり、家賃が払えなくなったことをきっかけに、別の消費者金融から新たな借金を作ってしまいました。

 

さらに遊びがエスカレートして金銭感覚麻痺状態の中で、さらにまた他の消費者金融から上限いっぱいに借金する始末。

 

とうとう総額100万円近い借金になってしまいました。

 

典型的な多重債務者に陥ったのです。

 

消費者金融ではある一定期間の取引があると限度額が上がるのです。

 

最初は20万円限度額であったものが、あるとき50万円に引き上げられるのです。

 

他の消費者金融も次々と限度額が引き上げられ、上がった上限分をすぐに新しく借りてしまったのです。

 

ついに借金総額は200万円を超え、利子の支払いも厳しくなってきました。

 

A君はすでに入社3年目となり多少給料は上がりましたが、遊ぶお金に困るようになってきました。

 

これではいけないと、気づき始めました。

 

遊びを少し我慢して、なんとか利子の返済は続けました。

 

こんなとき、消費者金融の1社が限度額を100万円にしてきました。

 

なにを考えていたのか、即刻上がった分の50万円を借りてしまいました。

 

遊びを我慢していたため、そのストレス発散という勝手な理由です。

 

そんな時に、A君に不幸が発生しました。会社の業績が悪化して、他社への出向辞令が出ました。おまけに給料1割減額です。

 

A君はあわてました。

 

そのときすでに利子さえ払えない状況に至っていました。

 

消費者金融にもとうとう返済ができなくなったので、少し待ってもらえるよう依頼しました。金融会社は翌月に合わせて支払えばいいですよ、という返事。

 

しかし、ついにどうにもならない事態を迎えてしまいました。

 

そんなとき、藁もつかむ思いで、たまたまネットで借金の整理が無料で相談できるコーナーを見つけ、担当の弁護士さんにメール相談をかけました。

 

借金の経緯や借入先、金額などを詳しく聞かれて、ここからはもう悩まなくていいですよ、と言われて涙したようです。

 

債務整理を正式に依頼しました。

 

すぐに効果が現れ、処理が終わるまで利子も払う必要がありません、と言われました。

 

おまけに消費者金融4社中2社に過払いが見つかって、10万円ほど戻ってきました。びっくりしたようです。

 

結局、返済は50万以下になり、毎月3万円支払うことで決着したようです。

 

勿論弁護士さんに払う成功報酬が別途にかかります。

 

これも1度に払えないため分割払いにしてもらえました。

 

そしてA君は最近残債を完済しました。

多重債務の返済を行うには?

このお話はA君だけの特別な体験ではありません。これと似通った債務者は大変多いのです。

 

こうした多重債務者の借金返済は個人の力では無理です。

 

なるべく早く、弁護士や司法書士などに相談をかけましょう。それが近道です。

 

当サイトでは、各都道府県別に弁護士や司法書士の法律事務所を紹介していますので、是非参考にしてください。

 

相談料無料のところも多いですから、気軽に相談してみて下さい。

 

きっと、多重債務を返済する道が開けると思います。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧