MENU

特定調停について解説!

借金の特定調停について解説した記事の一覧ページです。債務整理の1種である特定調停の費用や料金、手続きの流れ、その後の影響、弁護士・司法書士・法律事務所への相談方法や報酬、個人と法人・会社の違い、メリット・デメリット等などを解説しています。

特定調停についての記事一覧

特定調停とは、今後の支払いが不能になるおそれのある個人(または法人)が、簡易裁判所に申し立てる手続きです。裁判所の調停委員二人が債権者(貸し手)と債務者(借り手)の仲裁役となり、返済方法を交渉することが出来ます。「任意整理」は弁護士・司法書士が行う債務整理の方法なのに対して、「特定調停」は裁判所が行う債務整理の方法です。「任意整理」と「特定調停」はとても似ていて、一般的に、どちらも減額した借金額を...

特定調停とは債務整理を行う方法の一つです。債務整理には、特定調停の他にも、任意整理、個人再生、自己破産とあります。一般的なイメージでは自己破産や任意整理という債務整理の手段は浸透しているように思えますが、特定調停という制度は馴染みが少ないと思いますので、制度の内容と必要な手続きを簡単に解説して、費用面の話に入りたいと思います。特定調停とは、調停という名の通り裁判所に介入をお願いして合意に至る事を目...

債務整理の一つである特定調停。弁護士事務所を通さずに自分で出来る、費用が安い、裁判所に頼むから安心と言った意見がありますが、実際のところはどうでしょう?本当にメリットが多いのか?実はデメリットが多いのかという比較をしてみたいと思います。

まず、特定調停とは何かという事をしっかりと理解した上で住宅ローンのとの関係を考えていきたいと思います。特定調停とは債務整理の方法の一つです。他の債務整理の方法としては任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産とありますが、特定調停は債務整理の方法としては多用されてはいませんので馴染みが薄いかと思います。特定調停は、裁判所が債務者と債権者の間に入り調停を行う制度です。利息制限法を用いての債務の減額や過...

債務整理を考える際に最も頭に浮かぶのが任意整理でしょう。しかし、任意整理の情報を見るとよく出てくるキーワードが特定調停です。この両者は非常に似通っていているため、細かい違いが良く分かりません。そこで、特定調停と任意整理の違いについて解説して行きたいと思います。まずは、債務整理の種類を確認してから特定調停と任意整理の違いを見ていきましょう。