特定調停をすると住宅ローンが組めないの?

MENU

特定調停をすると住宅ローンが組めないの?

 

まず、特定調停とは何かという事をしっかりと理解した上で住宅ローンのとの関係を考えていきたいと思います。

 

特定調停とは債務整理の方法の一つです。

 

他の債務整理の方法としては任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産とありますが、特定調停は債務整理の方法としては多用されてはいませんので馴染みが薄いかと思います。

 

特定調停は、裁判所が債務者と債権者の間に入り調停を行う制度です。

 

利息制限法を用いての債務の減額や過払い金の請求を行ったり、月々の支払額の減額等を合意してもらったりする為に利用されます。

 

このような債務整理の方法は、考え方によっては裁判所を利用して債務整理するため、将来的にもデメリットが少ないかもしれないと考えられるかもしれませんが、現実的には他の債務整理と同じデメリットが存在します。

 

それは、どんなに些細な支払額についての特定調停を行っても信用情報機関に登録されてしまうという点です。

 

裁判所を利用したからといってこの登録を免れるわけではありません。

信用情報機関への登録とは?

信用情報とは、クレジットカードや住宅ローンなどの金融取引に関する情報で、支払いの遅延などがあると、信用情報に自己情報として記載されます。

 

その情報を扱っているのが信用情報機関です。

 

では、信用情報機関に登録されるとどういうデメリットがあるかと言えば、お金にまつわる分割払いの審査が通過しないであろうと考えてください。

 

自動車ローンや学資ローン、ショッピングなどのキャッシングローン、クレジットカードの入会、通販などの分割払い等の利用ができなくなり不便になります。

特定調停後の住宅ローン

このような流れから考えると当然住宅ローンも組むことが出来ません。

 

では一生組むことができないのか?
結論から言えば将来的には住宅ローンを組める可能性はあると言えます。

 

ただし、最低でもある一定の条件を満たす必要がありますので見ていきましょう。

 

その条件は大きく3つあります。

 

1つ目は、特定調停時の債務を完済して5〜10年経過すること。

 

ここは個人差がありますが、忘れてはならない点は債務完済後という点です。特定調停後ではないのでお忘れなく。

 

2つ目は、当然ですが住宅ローンを組む収入と出来れば頭金。

 

この頭金が重要ですのでできる限り貯金をはじめるべきです。月収も大事ですが、貯金できるということはお金の管理を出来る証明でもありますので審査が通過しやすいです。

 

そして3つ目、ここが見落としやすい所ですが、特定調停を行ったキャッシング先と関連、列系の銀行に住宅ローンを申し込まない事。

 

例えばAというキャッシング会社の親会社がA銀行でしたら、信用情報機関の登録が消えたとしてもA銀行のリストには記載されている可能性が高いです。

 

ですので、全く関連のない銀行にローンを申し込む方が審査の通過率が高いという点はご理解いただけると思います。

不安であれば、弁護士や司法書士に相談しましょう

このページをご覧になっていると言うことは、少なからずの借金を抱え悩んでいらっしゃることだと思います。

 

 

債務整理の方法の中で、特定調停は費用が比較的にかからない方法として人気がありますが、それはあくまでも、自分で手続きを行うだけでなく、自分で相手との交渉が出来ると言う前提があります。

 

そのため、費用が安いと言うメリットに魅せられ自分で特定調停を行おうとして失敗する人が数多く見られます。

 

それを避けるためにも、一度弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

 

相談だけであれば無料の法律事務所も多いですから、きちんと相談してから判断してみてはいかがでしょうか?

 

 

当サイトでは、債務整理を扱う弁護士・司法書士2,400件以上を地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

【参考】債務整理を扱う弁護士・司法書士一覧